防犯グッズとスタンガンの販売タイムマシン 備えて安心、防犯、防災グッズの紹介を通してあなたの生命と財産を守ります。
新着情報  |  ショップ概要  |  注文方法  |  かごの中身  |  通販法表記  |  問い合わせ  |  注意事項 |  トップページ |  各種データ |  リンク
皆様のお役に立つ防犯・防災用品を取り扱ってます。



防犯スプレー mace(メース)パースモデル

防犯スプレー mace(メース)パースモデル

1.4%カプサイシノイドを含有したホットピンクは、
法執行機関向けの製品(テイクダウンシリーズ)と
同じ辛さを持たせています。
メース社ではベアメースに次ぐ辛く強力な催涙スプ
レーになります。
1.4%カプサイシノイドは液体クロマトグラフィーの検査結果
に基づく数値です。
一般的に200SHUベースの原液に含有されるカプサイシンの濃度が5%〜6.6%であることからホットピンクズシリーズやテイクダウンシリーズが含有する濃度が1.4%がいかに高い数値であるかお分かりいただけるかと思います。

犯人特定につながるUV塗料も付着

ホットピンクは、オレンジ色のOCガスを噴出します。
スプレー溶剤が犯人に付着した場合、オレンジ色のOC溶剤とは別に肉眼では見えませんがしっかりとUV塗料が付着されています。
この塗料は衣類を何度か洗濯した場合でも完全に取り除くことは容易ではありません。
現場で犯人を取り逃した場合でも、後日犯人を取り押さえることができた場合には、当時着用していた衣類にブラックライト(紫外線ライト)を照射すると青色に発色しますので犯人逮捕にも繋がる決定的な証拠となります。

防犯スプレー mace(メース)パースモデル

ブラックライトを照射したUV塗料

世界一のシェアNo.1の品質 メース社の防犯スプレー

アメリカで上場しているMace(メース)ブランドは海外ではもっとも広く知られた催涙スプレーメーカーです。
それは世界各国の軍隊や警察に長く使用されていることでも有名ですが、特に法執行機関が使用するスプレーとしてメースが採用されてきたことにあります。
刑務所や特殊警察、警備会社を含めたプロフェッショナルユースの信頼ブランドとして一般の人にも広く知られています。
今ではメースの単語は催涙スプレーを意味する同義語となっています。

メース社の製品は、JR東海やJR東日本のほか、小学校・中学校などを含めた教育委員会の入札の他、保育園や大学でも防犯用品として装備されています。
またカラーボールとともにメースの催涙スプレーを設置している郵便局もあります。

製品仕様

防犯スプレー mace(メース)パースモデル

  • 防犯スプレー mace(メース)パースモデル
  • 防犯スプレー mace(メース)パースモデル
  • 防犯スプレー mace(メース)パースモデル
商品名催涙スプレー mace(メース)パースモデル
内容量約17g
サイズ高さ:約12.8cm×幅:約2.3cm
重量約38g
飛距離約3m
スプレーパターンストリーム状(噴射口から一直線に飛ぶ形状)
カプサイシノイド約1.4%含有
犯人識別対策に紫外線に発色するUV塗料を含有しています
使用方法キャップを外して噴射ボタンを押すだけの簡単操作

弊社で購入されたスプレー缶を回収しています

アーマージャパングループでは弊社で購入した商品に限り、期限が切れた未使用の催涙スプレー缶や使用済みで処理にお困りの催涙スプレー缶を有料にて処分いたします。
処理費用はスプレー缶のサイズに関係なく1本/200円いただきます。
またスプレー缶は中身が漏れないように厳重に梱包し、処理場への送料はお客様にてご負担いただきます。
防犯ショップアーマーにて新規に催涙スプレーを購入した場合に限り、購入本数分は無料にて処理致します(処理場への送料はお客様負担)。
例)新規に5本購入し廃棄分が6本有る場合、処理費用は200円のみ頂きます。(送料別)まずはお電話にてご相談下さい。
他社製品、他社で購入した商品は対象外です。

商品説明 店長の見解 その@ 我々輸入業者が販売に際して気をつける個所はMSDSです。MSDSには成分表が記載されていますので、日本の法律に合致しているかどうかを調べます。例えばCSガスやトリクロロエチレンがブレンドされていない事は真っ先に確認いたします。本来は輸入申請時にMSDSとエアゾール試験結果の両方を添付書類として提出するべきものだと思いまが、経済産業省に対しても税関に対してもMSDSの提出義務がありませんので、輸入者が知らないと後で大変なことになります。まず全品回収は避けられません。アーマージャパンで販売する催涙スプレーは全てのMSDSを精査し安全を確認していますのでご安心ください。

店長の見解 そのA メース社が世界を代表するスプレーメーカーであることにもはや疑いの余地はありません。創業が1965年と歴史が長く、数多くの特許を取得したメーカーであることの他に、M&Aによって世界的な軍需産業グループに入っていたことが挙げられます。1987年にはスミス&ウェッソン社がメースの株式を購入し傘下に入り、Maceの商標を取得します。世界有数の軍需産業や政治家に太いパイプを持つ会社が一緒になるわけですから一気に世界中の軍関係者に認知され販売網が確立されると売り上げも飛躍的に伸びるわけです。同時に海外にMaceのディストリビューターを展開し、一般ユーザーにも販売を始めます。今では海外販売拠点を最も多く持つスプレーメーカーとして認知されています。このことは単に、その国で一般消費者を対象とした販売に限らず法執行機関、特に警察への納入機会が増えることが挙げられます。どこの国であれ警察への入札が決定するとアーマージャパンにも各国の商社から問い合わせが急増します。ディストリビューター系列以外の商社が納入するために入手可能かどうかと価格を聞いてくるからです。実際には警察機関への製品は特別なフォーミュラを配合するため、製品の型番も違ってくるので第三国からの納品は不可能となっています。

一般人の参加が可能なMILIPOLやShot ShowあるいはIWAなどへの出店ではなく軍需産業に拘っている関係者と軍隊・警察を含めた法執行機関向けのショーに出店し続けるメーカーはそれほど多くはありません。少なくとも会社情報がWEBで確認できないような会社はまず出店できません。会社の住所や連絡先あるいは会社概要と言ったものは軍需産業関連であっても当然公表されているからです。店長の知る限り、会社概要を公表しないスプレーメーカーの多くはOEMあるいはライセンス販売を行っている場合が多いようです。輸入販売を行っていると相手の会社概要は良く分からないが、その製品を扱ってみたい場合などもあるかと思います。またその製品を実際に製造しているのか、あるいはOEM販売なのか、従業員は何人いるのか、さらには会社の売り上げはどれほどあるのか、こう言ったケースであっても比較的簡単に、またある程度調べることは可能です。それはJETROが紹介する海外企業信用調査サービスです。TTPPユーザーなら僅か22,500円と格安です。興味がございましたら、ぜひ一度ご利用されることをお勧めします。当然のことですが弊社もJETROはよく利用させて頂いています。催涙スプレーのメーカーに限らず、その会社の規模は売り上げの大きさや知名度に比例します。メースは既に上場しているので情報の多くは公開されています。もちろん軍への納入に関しては販売先は秘匿されていますが、会社を知るには十分な情報が開示されています。メーカーの製品を知ることは、同時にその会社を知ることでもあります。残念ながら日本国内には催涙スプレーメーカーとして名を馳せたメーカーはありません。同時に海外マーケットではUSAを含めた世界中の軍隊、警察、法執執行機関、及び一般人にもメースブランドはもっとも広く認知され、使用されているメーカーであると言えるでしょう。

店長の見解 そのB この機会に国内サイトでも数多く記載されている辛さについて触れたいと思います。一般市場で販売されている催涙スプレーの殆どは200万SHUのOCベースを使用しています。メーカーによってブレンドする割合が違ってきますので製品となるフォーミュラにも多少の濃度の違いが発生します。辛み成分を代表するカプサイシンやジヒドロカプサイシンを計測するにあたって特別な研究所も有名な試験所も必要ありません。昔と違って、現在では辛み成分の計測には液体クロマトグラフィーを用いることで、かなり正確な値を得る事が出来ます。弊社では濃度試験を全国にある地方独立行政法人産業技術センターで行っています。その他にも食品分析センターや、液クロがあれば大学の研究室や一般のラボでも計測は可能です。但しカプサイシンとジヒドロカプサイシンの計測基準品を持っているところは少ないようです。計測基準品が無い場合でも2つの製品の試験結果から濃度差を比べることは可能です。ベアメースを例にとると試験結果はカプサイシンが1.6%、ジヒドロカプサイシン1.5%と市販されている200万SHUベースの催涙スプレーとしては市場でもっとも辛み成分が高い製品です。この場合、製品を浴びることで実際に違いが分かるかと言えば、まず分かりません。店長はスプレーの廃棄も行います。まことにありがたくない話ですが、その時に誤ってスプレー溶剤を浴びることが少なくありません。人間の目は痛みに対して非常に敏感で、目の中に睫毛や小さなゴミが入っても大きな痛みを感じ時ます。そこに唐辛子を吹き付ける訳ですからとんでもなく痛いのは当たり前です。その時にカプサイシン濃度に違いがあっても、その違いを感じることが出来る人はまずいません。弊社ではマグマに500万SHUベースのOCを使用しています。原液はカプサイシンが16% 、ジヒドロカプサイシンは9.8%で製品濃度はカプサイシンが8% 、ジヒドロカプサイシンは4.3%と世界で一番辛み成分が高い製品に仕上げています。販売して1年以上が経過して、その間に多くの方から溶剤を浴びた例も多数報告されていますが濃度差による痛みの大きさや違いが判った方は一人もいません。通常は溶剤が目に入ったら即座に水ですすいで洗い流します。洗ってしまえば200万SHUベースも500万SHUベースもほぼ同じ時間で取り除くことが可能なので、違いが判らないのも当然です。では洗わなかった場合に違いは発生するかと言えば、目に限ったことを言えばそれほど違いは無いと考えられます。人間の目は異物が混入した時点で、異物を排出しようと即座に涙が溢れ出てきます。もちろん大きな痛みは伴いますが、この刺激による生理現象でOC濃度は一気に薄まりますので濃度差、特に200万SHUベースや500万SHUベース程度の痛みの違いが判らないのは当然かと思います。どんな場合であれスプレーを浴びる側にしても目を開けたままで、その場で佇んでスプレーを浴び続けてくれる人はいません。浴びた側も反射的に動くわけですから、ほんの僅かな瞬間に僅かな量が目に入ると考えるべきです。では濃度の違いに意味がないかと言えばそうではありません。とても悲惨な例ですが過去に山中でベアメースを1本分、浴びた方がいらっしゃいました。その時には体を洗う場所もなく簡単に拭き取るだけで下山したようです。この間に全身の毛穴から少しずつOC溶剤を吸収したようで感覚としては火傷を負った状態に似て全身が発熱し帰宅した後は3日間寝込まれ、とても辛い体験をされたと報告を頂きました。まさに地獄絵図のようですが体の毛穴から吸収する量は一定の時間を要しますので、OC濃度が高ければ吸収率は比例して高くなります。店長もこの痛みは経験済みですが腕や足に浴びた場合は、痛みが発生するまでに10分以上はかかります。もちろん夏場は毛穴が開いていますので、吸収が若干早まり痛みも早く感じますが即効性を売りにしている催涙スプレーで毛穴からの吸収効果をセールスポイントにするにはあまりにも現実的ではありません。つまり即効性がもっとも高い目や鼻、口を狙って効果を得るのが催涙スプレーだとしたらこのレベルのOC濃度の違いでは目に見えた違いは発生しないように思います。それでも小さいスプレーメーカーは特別なフォーミュラを製造するだけの研究室や著名なケミストも抱えていないわけですからOC濃度で勝負するしかないわけです。辛い、濃度が高いのみを謳い文句にするメーカーのラインナップを見れば簡単です。そこには辛さ以外のセールスポイントを見つけることは出来ないでしょう。

店長の見解 そのC 催涙スプレーの多くは海外から輸入されていますが、日本の法律で定めるガス圧は一般に海外のスタンダードとされるガス圧より低くなります。その為、アーマージャパングループで輸入する製品は日本のレギュレーションに則したガス圧にて製造された物を輸入しています。HFC-134a等の液化ガスを使用している物であれば0.8MPa未満でなければなりません。そのためには推進剤となるHFC134aも噴射溶剤となるOCフォーミュラも減圧に則して減らす必要があります。仮に中身のOC噴射溶剤がアメリカで販売されている物と全くの同量で推進剤となるHFC134aのみを減らした場合は、重いOCフォーミュラを通常より減らした推進剤で噴射することになります。この場合、噴射距離は極端に短くなりますし噴射溶剤のOCフォーミュラを最後まで噴射する圧力が足りなくなるので噴射後も缶に溶剤が残ることになります。国内の法律に則った0.8MPa未満のガス圧で缶の中身を全て噴射するためにはバランスよく推進剤となるHFC134aも噴射溶剤となるOCフォーミュラも減らす必要があります。このあたりはメーカーのケミストが調整します。このような経緯から輸入業者が催涙スプレーを購入する際には減圧が可能なメーカーから直接購入する必要があり、同様の理由で量販店や代理店から購入することはほとんどありません。減圧されていない商品を購入すると、後で強制回収や強制廃棄に巻き込まれる可能性が発生します。アーマージャパンが取り扱う製品はガス圧を管理した物になります。安心してご利用ください。

世界一のブランド “mace” はアメリカ製品です。
●ヨーロッパをも含めて海外で催涙スプレーは=メースと呼ばれる程、幅広く知られています。有名な小説ではパトリシア・コーンウェル著、女医シリーズでお馴染みのスカーペッタが護身用に愛用していたり、またジョン・グリシャム著ペリカン文書では主人公のダービー・ショウが護身用に持っていたのも共にメースのスプレーでした。

●mace社の催涙スプレーは長い間、世界中の警察・軍・治安当局のみに販売されてきました。一般人への小売を始めたのは1988年以降ですが、その時には既にmaceはトップブランドとして広く世界に知られていました。現在ではNASDAQにも上場し商標(Logo)も広く知られています。

最近ではJR東海様の女性職員用の護身スプレーとしてメースの
ポケットモデルが選ばれ全国ニュースで話題となりました(2008年11月)


商品ID PURSE-MODEL (ソリッドカラー)
商品名 パースモデル 80349(ピンク),80396(黒),80395(レッド),80399(ゴールド)
価格 2,980円 (税込)
本体色
数量 個 (ご注文数をお入れください)
商品ID PURSE-MODEL POLKA DOT(ポルカドットカラー)
商品名 パースモデルポルカドット 80455(ポルカドットパープル),80454(ポルカドットレッド)
価格 3,200円 (税込)
本体色
数量 個 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ 戻る


</